ガラス探検隊

2019年 1月 22(火曜日)

ガラスの修理


WEBショップの問い合わせや狩野グラススタジオに時々ガラスの修理のご相談をいただくことが有ります。
酸素バーナーで制作されてものですと、もう一度融かして継ぐことは可能です。
また、鋳造のガラスですと型に入れて鋳造しなおすこともできます。
ですが吹きガラスのものは難しいので接着するしかありません。
もちろんガラス用の接着剤で付けて行きますが、割れ目は割れ目…で、考えましたのがガラスの金継ぎ。
割れ目を景色に替えるあの技です。
まだ正式には工房のメニューではありませんが、実験テスト素材として割れた器などお預けいただければ修理いたしますよ。


トラックバック

    トラックバックがありません

コメント

コメント表示形式 (一覧 | スレッド)

    コメントがありません


コメントの追加


アスタリスクで囲んだマークテキストはボールド (*強調文字*)になり、下線は _下線_ になります。
標準的な感情表現、 :-) や ;-) といったものは画像に変換します。
電子メールアドレスは表示せず、電子メールの通知にのみ使用します。

ロボットからの自動的なコメントスパムを防ぐために、画像の下の入力ボックスに適切な文字列を入力してください。文字列が一致する場合のみ、コメントが送信されるでしょう。ブラウザーが Cookie をサポートし、受け入れることを確認してください。さもなければ、コメントを正確に確認することができません。
CAPTCHA